固形石けんの使用方法

固形石けんの使用方法

【1】手洗い

手についている雑菌をとります。

顔に移らないように、まずは手を綺麗にすることからスタートします。

 

【2】ぬるま湯を使って顔を洗いましょう

ぬるま湯を使うことによって毛穴が開きやすくなります。

そうすると汚れを落としやすい状況になります。

顔をぬらさないで洗顔すると摩擦が起きやすくなります。

お肌への刺激が強くなるので注意しましょう。

 

ぬるま湯の温度は体温よりも少し低めの32度から35度を目安にしましょう。

皮脂は温度が高ければ高いほど溶け出す特徴をもっています。

けれどもあまりにも高すぎると皮脂が落ちすぎてしまいます。

逆に乾燥の原因になったりします。

 

【3】洗顔料をしっかりと泡立てましょう

泡立てネットを湿らせます。

石けんをネットに入れて、ぬるま湯を少量かけます。

擦って充分にあわ立てます。

 

【4】やさしく洗顔をします。

まずはTゾーンのクレンジングになります。

にTゾーンから始めるのは皮脂が多い場所だからです。

額に泡をつけて次第にこめかみのゾーンに移動しましょう。

鼻は黒ずみになりやすいですから、泡をくるくると指でマッサージするように洗うといいです。

 

次は頬のゾーンですが、こちらはTゾーンほど皮脂はでません。

泡を乗せるイメージで優しく洗うといいでしょう。

最後は、口や目のデリケートゾーンです。

ここは他の場所と比較すると皮膚が薄いです。

 

軽く乗せるだけにしておいて、ほとんど擦らないようにすることが秘訣です。

ポイントとしては優しく泡をころがすようなイメージです。

円をクルクルと描くようにしてできるだけ均一に力をいれるように意識してください。

 

【5】ぬるま湯でしっかりと洗い流しましょう

ぬるま湯を手ですくい顔を近づけてぬるま湯を付ける感じです。

30回を目安にしてすすぎましょう。

洗顔料が残りやすいところはアゴ・こめかみ・髪の生え際です。

ここはしっかりと落とすようにしましょう。

 

【6】清潔なタオルを使って水分をしっかり取りのぞきましょう

きれいなタオルを顔にあてます。

吸収させるようにして顔の水気を取りのぞきます。

タオルは指よりも摩擦が起きやすいです。

こすらないようにしましょう。

 

Leave a Reply




Menu

HOME

 TOP